介護職(ケアマネ)からITコンサルタントへの転職日記

介護業界のIT化が進むように動いています。

006.ケアマネをやってた印象

装備(資格)が整ったので1年目ですが大将です。f:id:godaimekoro:20170730101346j:plain

ケアマネを知りたい方は、漫画「ヘルプマン!」の5~7巻【介護支援専門員編】を読むとまずリアルな雰囲気をわかりやすく感じることができます。

この漫画は章によって主人公が変わるので5巻からで大丈夫です。

正直、ケアマネの参考書とかいろいろ読むよりまずこの漫画を手にとったほうがエスカレーターで覚えられます。

あとお勧めは22巻~24巻【介護企業編】と26・27巻【監査編】です。介護保険制度について肌身に感じることができる名作です。

 

ちなみに新しい方は『ヘルプマン!!』と!が一個多いのでまずは是非(!)が一個のほうからどうぞ。

 

私はデイサービスで7年ほど現場経験を積んできました。

試験ルールの改正のタイミングなど様々な運も重なり、スムーズに3年で介護福祉士、5年で介護支援専門員を取得しました。

 

この資格を取得するっていう目標があったから現場をがんばってこれたといっても過言ではありません。

お年寄の方と接するのは好きでしたし、可愛らしい方がいっぱいでケアマネになってからも直々デイの現場に顔を出していました。

ただ5年目以降は生活相談員と現場の兼務で大変なことも多かったので、ケアマネになれたときは晴れて新しい道が開けた気分で嬉しさ半分、不安半分のドキドキした心境でした。

 

長くなりそうなので一言でケアマネの印象を書きますと

 

一生懸命な人、優しい人ほど辛い仕事

 

だと感じました。

 

あくまで主観です。実際に働いている方は一生懸命な人、優しい人が多いです。

 

でもご利用者・家族・事業者・行政・職場・介護保険制度と向き合う中で、

これまでの現場とは全く違う戦場に来たんだという感覚を覚えてから、戦い方を知らない自分に気付くまで、

希望が絶望に変わるまでには、

そんなに時間はかかりませんでした。

 

次回、『ケアマネでの経験』について一筆。